ホーム > 製品情報 > U-ナット


U-ナット

"U-ナット" ゆるみ止めナットの決定版

誕生以来40余年、多くの信頼と実績を築きあげた“U-ナット”。鉄道や連絡橋などの鋼構造物から、車、バイク、産業機械にいたるあらゆる産業界で活躍しています。 どんなに過酷な使用環境であっても、確実な働きを求められる“U-ナット”は、ゆるみ止め性能はもちろん、耐久性、耐振動性などの面でも進化し続ける
ゆるみ止めナットの決定版です。

カタログの請求はこちら CADデータ無料ダウンロード

基本情報


特      長 ・安定したゆるみ止め機能を発揮します。
・軸力が低下しても早期の脱落を防止します。
・全金属製品であり耐熱・耐寒性に優れています。
・締付作業が簡単で取付ミスを防止します。
・再使用ができます。
鋼製フリクションリング 60°3枚羽根リング(〜M6)
90°2枚羽根リング(M8〜)
精      度 ねじ精度:JIS6H(2級)
サ  イ  ズ M3〜115
W3/16-24〜W2"-4.5
NC#10-24〜NC1"1/2-6
NF#10-32〜NF1"1/2-12
※ピッチ:並目ねじ・細目ねじ
形      状 1種(片面)ナット、2種(両面)ナット、3種(低)ナット、小型ナット
フランジ付ナット、キャップ付ナット、ウェルドナット ※その他特殊形状
材      質 SS400又は相当品、S45C調質又は相当品、SCM435(調質)、SUS304又は相当品
SUS316L、黄銅(真鍮) ※その他特殊材質
表 面 処 理 生地、六価ユニクロ(半光沢クロメート)、六価有色クロメート、六価黒色クロメート
ダクロタイズド、溶融亜鉛メッキ、三価クロメート
三価黒色クロメート、三価ステンコート、ジオメット、黒染、リューブライト ※その他

▲TOPにもどる

構造


U-ナットの構造1

"U-NUT"はナットとフリクションリング(特殊バネ)
の2点の部品から出来ており、ナット上面に
フリクションリングをカシメ加工により固定し、
一体化させてあります。

U-ナットの構造2

フリクションリングがボルトのねじ山に接し、
左図の状態になるとバネ作用により、応力Pが
発生します。それに対する反力P'と共にボルトの
ねじ山を強圧し、自由回動を阻止する摩擦トルク
(プリベリングトルク)を発生させます。


▲TOPにもどる

プリベリングトルク

プリベリングトルクとは、フリクションリングがボルトねじ山に作用することによって生ずる摩擦トルクのことです。
(下記グラフは潤滑剤使用の場合の参考値です)

プリベリングトルク:ねじ込み最大値プリベリングトルク:ねじ戻し最大値

▲TOPにもどる

試験

軸直角振動衝撃試験
■ 試験条件

供試サイズM12×1.75
供試ナット・ボルト材質SS400相当品
締付け軸力17150N [1750kgf]
ボルトの降伏点σy : 314 N/mu [32kgf/mu]

軸直角振動衝撃試験
■ 試験結果
試験結果
■ 試験動画

再生ボタンをクリックすると動画が始まります。
動画再生には Flash Player が必要です。

▲TOPにもどる

寸法表

寸法表

寸法表はこちら

▲TOPにもどる

取り付け手順


取り付け手順1 取り付け手順2
1. ボルトのねじ部先端に面取り加工(C=1ピッチ相当分)がされていることを確認します。
焼き付き・かじり等を生じる恐れがある場合は潤滑剤を使用します。
  2. ボルトのねじ部先端にフリクションリングが接するまで手でねじ込みます。
取り付け手順3   取り付け手順4
3. スパナなどの締付工具で締付けます。   4. フリクションリングからボルトのねじ部が2ピッチ以上出ていることを確認します。


▲TOPにもどる

使用上のご注意

"U-ナット"は特に重要な部位での締結にご使用いただいております。
ご使用の際は下記の事項を厳守してください。

締結の際には締付けトルク表を
ご参考ください。
ボルトはねじ精度JIS 6g(2級)で面取り先を
ご使用ください。
ねじ込み及びねじ戻し時に焼付き・かじり等
を生じるおそれがある場合には潤滑剤を
ご使用ください。
機能を完全に発揮させるためにフリクション
リングからおねじの完全ねじ部が2ピッチ
以上出るようにしてください。
ナット溶接の場合にはフリクションリング
及びねじ部への熱影響・スパッタにご注意
ください。
ボルトのねじ部に機械加工(キーみぞ・
ピン穴等)がある場合には弊社までご相談
ください。
フリクションリング側からのねじ込みは
できません。
フリクションリング及びクランプ部に異常な
変形等が発生した場合には、ご使用を中止
してください。
過酷な条件下または低軸力でのご使用の
際には事前に弊社までご相談ください。
   

株式会社冨士精密 製品に関するお問い合わせ

▲TOPにもどる