ホーム > 製品情報 > FINE U-ナット


"G U-ナット"

"U-ナット" ファイン U-ナット ベアリングの締結革命

任意かつ適切な位置決めが可能で、トルク管理も容易な“ファイン U-ナット”。シャフトのキー溝加工、座金、取り付け技術を不要にした画期的なベアリング用ゆるみ止めナットです。あらゆる機械産業で「動力」を生み出す、ベアリングの回転バランスを向上します。


カタログの請求はこちら CADデータ無料ダウンロード

基本情報


特      長 ・シャフトのキー溝加工が不要です。
・座金が不要であり折り曲げ忘れも防止します。
・組立の熟練技術が不要です。
・微調整が可能でありトルク管理も容易です。
・シャフトの回転バランスが向上します。
・再使用ができます。
鋼製フリクションリング 270°フリクションリング
精      度 ねじ精度:JIS6H(2級)
端面の直角度(最大)0.05 (ミニ〜10)
端面の直角度(最大)0.07 (11〜24)
端面の直角度(最大)0.10 (25〜30)
サ  イ  ズ M8〜100 (SSシリーズ)
M10〜150(SCシリーズ)
M10〜100(SUSシリーズ)
※ピッチ:細目ねじ
形      状 溝付き丸ナット
材      質 SS400相当品、S45C(調質)、SUS304相当品
表 面 処 理 生地、リューブライト

▲TOPにもどる

構造


フリクションリングがボルトのねじ山に接し、上図の状態になるとバネ作用により、
応力Pが発生します。それに対する反力P'と共にボルトのねじ山を強圧し、自由回転を阻止する 摩擦トルク(プリベリングトルク)を発生させます。

▲TOPにもどる

プリベリングトルク

プリベリングトルクとは、フリクションリングがボルトねじ山に作用することによって生ずる摩擦トルクのことです。
(下記グラフは潤滑剤使用の場合の参考値です)

▲TOPにもどる

試験

スラスト方向振動衝撃試験
■ 試験条件

供試サイズ
振動数
加振ストローク
インパクトストローク
加振台振動加速度
加振時間
衝撃方向
締付けトルク

M20×1
1.278cpm
11mm
10mm
10G
60分
ボルト軸方向
53.9N・m
{ 550kgf ・cm}

■ 試験結果
■ 試験動画

再生ボタンをクリックすると動画が始まります。
動画再生には Flash Player が必要です。




回転耐久試験
■ 試験条件

供試サイズ
回転数
試験サイクル

停止時間

M55×2
2.300rpm
1サイクル(正転・停止・
逆転・停止)10秒間
正転時・0.30sec
逆転時・0.27sec

試験機外観

■ 試験動画

再生ボタンをクリックすると動画が始まります。
動画再生には Flash Player が必要です。

▲TOPにもどる

寸法表

▲TOPにもどる

取り付け手順


1. シャフトのねじ部先端に面取り加工(C=1ピッチ相当分)がされていることを確認してから潤滑剤をつけます。   2. シャフトのねじ部先端にフリクションリングが接するまで手でねじ込みます。
 
3. おねじにフリクションリングが接したことを確認します。   4. "ファイン U-ナット"専用締付工具を使用します。
※フックスパナでも可能です。
 
5. ラチェットハンドルの軸部を押さえて、緩やかにまわして締付けます。   6. ベアリングの内輪と"ファイン U-ナット"の座面が密着しているか、フリクションリングからおねじの完全ねじ部が2ピッチ以上でているかを確認します。


▲TOPにもどる


FINE U-NUT TOOL SET 00-10


FINE U-NUT TOOL SET 00-10 FINE U-NUT TOOL SET 00-10:セット内容 FINE U-NUT TOOL SET 00-10:寸法表 FINE U-NUT TOOL SET 00-10:寸法表


▲TOPにもどる

FUTソケット・ハンドル


FUTソケット・ハンドル FUTソケット・ハンドル:寸法表 FUTソケット・ハンドル:寸法表


▲TOPにもどる

使用上のご注意

"ファイン U-ナット"は特に重要な部位での締結にご使用いただいております。
ご使用の際は下記の事項を厳守してください。

おねじはねじ精度JIS6g(2級)でねじ部先端に面取り(C=1ピッチ相当分)加工を
してください。
ねじ込み及びねじ戻し時には潤滑剤をご使用ください。 (シャフトが低硬度の場合、特に潤滑性能の高いものをご使用ください。)
機能を完全に発揮させるために
フリクションリングからおねじの完全ねじ部が
2ピッチ以上でるようにしてください。
サイズ表の端面の直角度はプリベリングトルクの約2倍以上で締付けた場合に限ります。
高速回転のインパクトレンチは
ご使用できません。
シャフトのねじ部に機械加工(キー溝等)がある場合にはご使用できません。
フリクションリング側からのねじ込みはできません。 フリクションリング及びクランプ部に異常な
変形等が発生した場合には、ご使用を中止
してください。
過酷な条件下または低軸力での
ご使用の際には事前に弊社まで
ご相談ください。
 

▲TOPにもどる